株式会社共栄 エネルギー

安達 正弥 入社7年目
エネルギー事業 ガス事業部所属
奥様と4人のお子さんを持つ若き大黒柱

—この仕事を選んだ理由は?

父が同じ業種で小さい頃からお客様に喜んでいただく姿を見て、この仕事に興味を持ちました。

共栄に入る前は、工場に勤めていました。昔から体を動かすのが好きでしたので、転職を決めた際には体を動かせてお客様に喜んでいただける姿が見える仕事を探していました。小さい頃、ガス会社に勤めていた父のガス容器の配達に付き添って行ったことを思い出しました。そこでは、汗を流しながらお客様と笑顔で接することができる環境が揃っていて、共栄の求人を発見した時に、「ここだ!」と思って決めました。配達車が物珍しく格好良く見えたっていうのも一つの理由です(笑)

—仕事内容・魅力・苦労について

魅力は2つあります。「勉強した分の成長を実感できている」ことと「垣根なく相談しやすい社風」です。

仕事内容は、ガスの検針、ガス容器の配達、ガス契約・更新の手続き・入力・管理、ガス機器の点検、クリクラの配達・メンテナンスです。また、リフォームに関しても現在研修中です。
ガスに関してですと、鹿屋市を中心としたお客様へのガス容器の配達や検針を行っています。鹿屋営業所は少数精鋭なので、ガスの仕事以外にもクリクラの配送や事務作業まで、業務内容は多岐に及びます。そのため、様々な内容の新しい情報や知識を勉強しなければなりません。大変だと思うこともあります。ですが、自分の知らない知識のために、お客様が損をしてしまうような状況を作りたくはないんです。たとえば、ガスは電気と比べて、危険なイメージを持たれがちですが、使い方を間違えなければとても便利なエネルギーであることはどちらも一緒です。炊飯器というと一般的に電気炊飯器を想像しがちですが、ガス炊飯器は以前より安全で、しかも、電気炊飯器よりふっくらした美味しいごはんが炊けるのでおすすめです。他にも、鹿児島という土地にぴったりの家庭用ガス乾燥機もあります。コインランドリーが10分100円ですが、家庭用ガス乾燥機だと50分63円と経済的で、コインランドリーへ移動する手間や空いていなかった場合の待っている時間もなくなります。

魅力は2つあります。まずは、「勉強した分だけ自分の成長を実感できている」ことです。鹿屋営業所は少数精鋭チームなので、業務内容が多岐に渡るとお話しましたが、そこをカバーするために多くのことを学ばなければなりません。そのような環境だからこそ、ほかの営業所ではしていないようなガス容器の配達やガスの手続きなど様々な経験を積むことができます。その知識や経験を積むことで、お客様と接する際に様々な視点から考えたお客様のためとなる提案ができます。実は、人見知りが激しかったのですが、お客様と接する機会が得られますし、様々な知識や経験を積むことで自分に自信が持つことができます。そのため、人見知りもだいぶ克服できました。
様々な知識や経験を積むことで、自分で考えて行動することができるようになり、自分の成長をとても実感できています。

今まで6社を経験した中で、一番社風が良いのは共栄。

実は学校を卒業してから就職した会社はすぐに辞めてしまいました。社風が自分と合っていないと感じたからです。ですが、共栄に入社してからもう7年目になります。その理由は一般社員の自分でも社長や上司に相談しやすい環境だからです。「俺の言うことは絶対だ。」というトップダウンではなく、良い意味で緊張しない雰囲気で発言しやすいです。
他にも、本社だけではなく、鹿屋・国分・宮之城という県内一円に営業所があることも魅力だと思います。私の場合は、鹿屋が地元で鹿屋に就職して鹿屋に貢献したいという思いがありました。それが実現できているのも鹿屋に営業所があり、鹿児島の企業である共栄だからこそ叶えられたのではないかと思います。

座右の銘
継続は力なり

この言葉は、小学生から中学校まで続けていた空手の先生から私に贈ってくれたものです。昔から不器用で、下手ではないが上手くもないと自分で思っていました。ですが、不器用な私でも努力しつづければ上達して強くなっていった姿を先生が見てくれていたからこの言葉を私に贈ってくれたんだと思います。仕事も同じで、才能ある人よりスタートは遅れるかもしれませんが、努力を続けることにより他の人が身につけていない力を得ることができると実感しています。

【取材後記】

安達さんは、「優しい笑顔を持ちつつ、熱い心を持つ努力家」という印象を受けました。それが努力で苦手を克服し、お客様を損させないという言葉に表れていると感じました。努力をし続ける熱い心と関わる人を安心させる笑顔を持つ安達さんの活躍をこれから応援しています!

《取材/撮影:共栄クロスメディア委員会》